手作り家具工房 HELL-BENT ヘルベント

輸入建材
手作り家具工房 HELL-BENT
リビングスタイル ハウズ
日本の森コレクション
素材について
CONTINENTAL STUDIO
森の神様に会いに行こう
 

CONCEPT 一枚板へのこだわり

テーブル用の一枚板が取れるのは直径70〜80cmの大径木であり、
小さい種がそこまで成長するには100年、200年の時間が必要です。
その間には、枝が折れたり動物に傷つけられたりと様々な事があったことでしょう。
節や割れ、穴、曲がりなどもそうして木が生きてきた証であり、
決して機能的でないかもしれませんが、愛すべき欠点を取り除いたり埋めたりせず、
あるがままに仕上げることがその板の持つ魅力を最大限に引き出す方法だと私たちは考えます。
それ故に、大量生産の貼り合わせの板ではなく、一枚板にこだわるのです。

■自然というデザイナー

この木が持つ本来的性質に気候・環境・他の生き物などの要因が加わり、意図的でない自然が作る唯一無二のデザインが出来上がるのです。

■リサイクル・サイクル

補修が困難な貼りものの板と違い、削り直しや磨き直しによって新品同様に生き返らせることができる無垢板。

また、屋内の使用であれば何百年もの間使い続けることができるので、それにより新たな木が大径木として育ち、大径木が減ることないサイクルを確立できるのです。

■やすらぎ

無垢質な工業製品の中で囲まれた暮らしの中で、自然な形の一枚板は緊張感を和らげ「やすらぎ」や「温もり」のある空間を演出します。

■哲 学

便利さ・機能性・美しさ、どれも大切なことですが、そのために犠牲にしているものはないでしょうか?

自然、健康、個性を考えること。

穴や割れをそのまま生かしたテーブルは、そんな事を考えるきっかけになるかもしれません。